menu

協会概要

概要

協会名 一般社団法人 日本エイジレスバレエ・ストレッチ協会
英文協会名 General incorporated association Japan Ageless Ballet Stretch
創立日 2016年10月3日
 理事長 田仲 智子
事業目的/事業概要 エイジレスバレエ・ストレッチの健全な振興・発展
所在地  〒530-0041 大阪府大阪市北区天神橋1-14-14 [MAP]

主な活動

  • レッスンプログラム研究・開発
  • 認定講師育成
  • 啓蒙活動
  • 会員取り纏め
  • 委託先管理

定款

定款(PDF)


組織図


後援・協賛・サポーター


沿革

2013年 1月 前身組織であるSAY発足(ボランティア団体として発足)
4月 大阪府堺市、特別養護老人ホーム「故郷の家」レッスンスタート
2014年 7月・11月 アメリカ メリーランド州「The Village at Rockville」、ペンシルバニア州「Quarryville Presbyterian Retirement Community」「Ashby Ponds Retirement Community」にてエイジレスバレエ体験レッスンを実施し、好評を得る。
2015年 6月 大阪市健康局 認定団体「すこやかパートナー」登録
6月~8月 アメリカ 「The Ashby Ponds retirement community」「Riderwood」「Japanese Christian Community Center」にてエイジレスバレエ体験レッスンを実施、言葉の壁を乗り越えて共感いただける。
8月 医療法人総志会「宗像靖彦クリニック」理事長 宗像靖彦医師に「エイジレスバレエ」の監修をいただき、新たに「エイジレスバレエ・ストレッチ」として完成。中高齢者専用ロコモ対策プログラムとしてリリース。
11月 大阪天満宮クラス開校
2016年 3月 みなと晴ればれクラス開校(きづがわ医療福祉生活協同組合との共同事業)
堺市、赤坂台クラス開校(堺市にて2拠点目)
豊泉家グループ(社会福祉法人 福祥福祉会)の豊中市桃山台施設内レッスン開校(要支援・要介護者向けレッスン)
6月 大阪市立長居植物園様と共同事業としてのレッスン開校(長居植物園クラス)
8月 大阪きづがわ医療福祉生協様との共同事業レッスン(みなと晴ればれクラス)を
大阪市立八幡屋公園様との3社共同事業へ組織変更。(八幡屋クラス)
8月 スポルテック2016(東京ビッグサイト)にて講演を実施

【タイトル】人生最後の日まで歩ける体づくり
日本初「エイジレスバレエ・ストレッチ」の威力と実話
~なぜ中高齢者にバレエなのか?~

9月~10月  大阪市立八幡屋公園様、大阪きづがわ医療福祉生活協同組合様、共同主催の講演を2回実施

【タイトル】50代からの健康づくり
~ロコモってなあに?エイジレスバレエ・ストレッチってなあに?~

10月 一般社団法人 日本エイジレスバレエ・ストレッチ協会 設立
10月 大阪きづがわ医療福祉生協様との共同事業レッスン2拠点目スタート(大正はればれクラス)
12月 2016年の一年間で、2拠点20名の生徒が7拠点102名になる
2017年 4月  エイジレスバレエ・ストレッチ認定講師制度スタート

事業所(アクセス)

住所 〒530-0041 大阪府大阪市北区天神橋1-14-14
TEL 06-7502-9785
Mail info@j-abs.jp
交通 大阪市営地下鉄 谷町線・堺筋線「南森町駅」4番出口
JR東西線「大阪天満宮駅」3番出口より
天神橋2丁目商店街を南へ徒歩5分。
商店街アーケードの端(交差点)を左折、
2筋先交差点(右手にユニフォーム「ハトヤ」様の看板)を右折、すぐ。
(「段野昆布」の看板がかかっている建物1階です。)

 

寄付

当協会は、日本の高齢化社会問題への一助となるべく、「健康寿命の延伸」「医療費と介護費の抑制」を目的のひとつとしております。
団体の趣旨と活動にご賛同いただき、ご支援をいただけましたら幸甚です。

寄付