コラム

ポッコリお腹の治し方

ポッコリお腹の治し方

2020.1.9 藤井治子

これまでに生徒さん達から色んなお悩みを聞いてきましたが、

お悩み第1位は、
『ポッコリお腹を治したい!』

あきらめ第1位も、
『ポッコリお腹がどうにもならない!』

具体的に聞いてみると…。
「食べすぎないようにしてるし、腕や足はそんなに太くないのに、お腹ポッコリが取れない(-_-)」
「若い頃は細かったのに、40代以降はどんどんお腹がぷよぷよになってきて取れない。」
中には、
「出産してからお腹周りがぷよぷよになった。出産したから仕方ない…(と思いたい)。」
と自己完結している人も…。

いつまでもキレイでいたいと思う女性達が年齢と共に抱える悩みですね。

そんな「ポッコリお腹を直す」のは、
実はエイジレスバレエ・ストレッチの得意分野です。

そもそも、
なんでぽっこりお腹になってしまうか?ご存知ですか。

原因は大きく3つ、

①下腹の筋肉が減少した
②筋肉の減少によって、脂肪がつきやすくなった
③筋肉が減少したことで、重力に負けて内臓が下へ降りてきた

この3つが同時に進んでいくことによります。
すると、お腹周りがゆるゆる&ぷよぷよになる。

どうすれば改善するのでしょう?
答えはシンプル!
下腹に筋肉を付ければ改善します。
ちなみに筋肉は何歳からでも取り戻せます。

エイジレスバレエ・ストレッチで実践する方法は、
「姿勢トレーニング」の際に、下腹を最小サイズまで締めることです。

具体的には、
細く長く息を吐きながら、下腹の筋肉をグググーーーーッと締め続けていく。
しっかりと下腹が締まった感覚を感じて、それをキープする(5分ぐらいは締め続ける)。

そうして頑張って締めていると…、
講師が確認しに回ってきます(^▽^;)
確認しに来るから、頑張るしかない状況もひとつの方法…(^▽^;)。

繰り返し繰り返し、
毎週のレッスンで必ず実践することで、
下腹の筋肉がドンドン強くなっていき、
最終的にお腹周りは否応なく引き締まります。

晴れて、ポッコリお腹は改善していきます(*^_^*)。

「姿勢トレーニング」では骨盤の歪みも正していくので、
下腹がキュッと引き締まった頃には、
骨盤の位置も正しい位置になり、
スラリと背筋が伸びたデコルテの美しい立ち方まで身につきます。

「ぽっこりお腹の治し方」
下腹を締めること!

アーカイブ