コラム

内股は、お尻が大きく、垂れやすくなる(>_

エイジレスバレエ・ストレッチ エイジレスバレエ 中高齢バレエ 健康づくり SAY 一般社団法人日本エイジレスバレエ・ストレッチ協会 健康寿命 ストレッチ バレエ 中高齢 運動 ロコモ バレエ・ストレッチ ストレッチレッスン 静的ストレッチ

内股は、お尻が大きく、垂れやすくなる(>_

『人生最後の日まで自分の足で歩く』が最終目標!
エイジレスバレエ・ストレッチ協会の藤井治子です。

 

さて、「バレエの美しい姿勢で健康づくり」をスタートして早6年。
街行く人の姿勢・歩き方は、ついつい見てしまうのですが、

そんな中でも、あぁこの人…「直したい!」
という人がいて(まあまあ色んなパターンで沢山居るのですが)。

その1つが、「内股!」です。

エイジレスバレエ・ストレッチ エイジレスバレエ 中高齢バレエ 健康づくり SAY 一般社団法人日本エイジレスバレエ・ストレッチ協会 健康寿命 ストレッチ バレエ 中高齢 運動 ロコモ バレエ・ストレッチ ストレッチレッスン 静的ストレッチ

内股ダメです

内股のクセは、絶対直したほうが良いのです!!

私が、特に気になるのは、若い女性の内股。
なぜかと言うと、将来、お尻の筋肉がゆるんで、お尻が大きくなりやすくて、垂れやすいから…。
「直したほうが良いよ!」と伝えたい衝動に駆られるのを、いつも頑張って押さえてます(^▽^;)。

同じ女性だから、いつまでもキレイでいて欲しい。
内股を直せば、大きなお尻と垂れたお尻をの予防になるから!「直そうよ~!」と思うのです。

「内股は可愛い♡」というイメージがある人も沢山いるとはと思います。

でも、バレエの綺麗な立ち方を習ったことのある人はみんな知っている事実。
「内股はお尻が締まらない!!」
これは常識なのです。

お尻が締まらないという事は、
お尻の筋肉をキュッと締めにくいという事。
締めにくいから、長年お尻の筋肉を使わずに過ごしてしまい、
すると10年後20年後には、
大きなお尻が垂れている状態、お尻の筋肉がユルユルで大きなお尻になってしまう可能性が大きいのです。

もし今、すでにお尻がユルユルだな~と感じるなら、
日々の生活の中でお尻を締める機会が圧倒的に少ないと思います。

無意識にある程度お尻を締めている人と、
無意識にお尻ユルユルで過ごしている人、
1年365日の積み重ねは、大きな差になりますね。

若い頃は大差ないけど、
10年、20年と月日を重ねていくと、本当に、大きな大きな差になっていきます。
そこへ老化も重なります…。使っていない筋肉は、老化が早いのです。

だから、正しい「立ち方」や「歩き方」を身につけて、
自然にキュッとお尻を締めて、日常生活を過ごすのが得策なのです。

 

とりあえず、
内股ならば直したほうが良い。

その理由は、
お尻が大きくなりやすく、垂れやすいから。

 

心当たりがある人は、
気を付けてみてくださいね!

内股にならないように、
「つま先と膝が真っ直ぐ前を向いているか?」チェックするのがポイントです。

そして、
もしも「内股の友人」に心当たりがある人は、教えてあげてください~!

「内股は、お尻が大きくなるよ、垂れやすくなるよ!」

エイジレスバレエ・ストレッチ エイジレスバレエ 中高齢バレエ 健康づくり SAY 一般社団法人日本エイジレスバレエ・ストレッチ協会 健康寿命 ストレッチ バレエ 中高齢 運動 ロコモ バレエ・ストレッチ ストレッチレッスン 静的ストレッチ

真っ直ぐで歩こう!

 

『エイジレスバレエ・ストレッチ』
~大人の女性を対象とした「バレエ姿勢の美しさ」「ゆっくりを力の抜いてほぐすストレッチ」~
ホームページURL➡https://j-abs.jp/

「バレエで健康づくり」はどんな流れでスタートしたのか?

「バレエで健康づくり」はどんな流れでスタートしたのか?

『人生最後の日まで自分の足で歩く』が最終目標!
エイジレスバレエ・ストレッチ協会の藤井治子です。

シューズさて、
そもそもどんな流れで?
「バレエで健康づくり」がスタートしたのかを書きたいと思います。

 

まずは、遡ること10年ほど前。
とある文化教室の「大人からのバレエクラス」でのことです。

(※ちなみに、文化教室の大人のバレエというのは、きちんとしたバレエ教室の敷居をまたぐのは恐れ多いけど、「バレエがやってみた~い♡」という20代~40代のバレエ初心者が集まりやすい場所です(*^▽^*)。)

 

そこのクラスの仲間はほぼ全員がOLで、デスクワーク中心の仕事をしていた20代~40代、5~6人だったのですが、なんと全員が、週に1度のバレエレッスン1年で、それぞれに体調改善していました。

 

「肩と背中のコリがめっちゃ楽になった~。」
「姿勢も良くなったよ~。」
「体力もついたよ~。」
「筋力がついて、引き締まって痩せた~。」
「毎週レッスンが楽しみだから1週間頑張れる~。」
などなど・・・。

 

私自身に関しても、
姿勢が良いと会社の同僚から褒めてもらえたり、
冷え症が酷くて、冬は寝る時にも靴下を履いていたのが要らなくったし、
風邪も引きにくくなり、引いても早く治るし、
筋力がついて全身が引き締まって、ボトムスのウエストとヒップが軒並みユルユルになった。

 

そしてレッスンは、
クラシック音楽にピタリと合う先生の美しい所作を見るだけでも、うっとりと目の保養になる癒しの時間で、
自分はと言うと全然キレイにも上手にも踊れないんだけど、
とりあえず気持ちはだけはバレエの世界に入り込んで楽しい…(*^▽^*)という感じでした。

 

えっと、話を戻します。

そうです!
20代~40代の私達。
「全員が、体調改善する」って、

『バレエってスゴイよ!!!』

それが全員の共通認識でした。

 

そんな感じで5年の年月が経過してゆき・・・。

 

『私達の年代でこんなに効果があるなら、50代60代とか、
もっともっと不調をいっぱい抱えてる70代80代のおばちゃん達がやったら、
もっとスゴイことになるんじゃないの???』

『でも、おばちゃん達には、やっぱりバレエレッスンはちょっとキツイと思う…。』

『そうだよね~。たぶんレッスンについて来れないよね。バレエってこんなに効果高いのに、もったいないよね…。』

そんな会話が、度々交わされていました。

 

そしてある日、
メンバーの1人がこんな発案を!

「知り合いの老人ホームの施設長さんが月に2回、タダで場所を貸してくれるって言ってくれてるんだけど、みんなでおばちゃん達向けにボランティアのバレエレッスンしてみない?」

 

偶然か?必然か?
その時何の躊躇もなく、
「それ面白そう!やろう!」となりました。

 

とりあえず、生徒さん集めなきゃ!
200枚のチラシを刷って老人ホームさん経由で配ってもらったところ、
記念すべき最初のレッスンには5人の生徒さんが集まってくれました。

当時のチラシ⤴

 

60代3人、
そのうちの1人の娘さん(30代)とお孫さん(4歳)。

なんと、当初予定していたおばちゃん世代だけでなく、
3世代が一緒にレッスンするスタートとになりましたが、
「それも面白そう(^_^)!」

 

そうして「バレエで健康づくり」がスタートしたのでした。

3世代レッスンでスタート⤴

 

その後の展開など、まだ全く知る由もなく…( ̄▽ ̄)。

 

みんなで創ってる!エイジレスバレエ・ストレッチ

講師メンバー

みんなで創ってる!エイジレスバレエ・ストレッチ

こんにちは。

エイジレスバレエ・ストレッチ協会のフジイハルコです。

 

現在、エイジレスバレエ・ストレッチの講師は6人ですが、

来年春には11人になる予定!!

(この12月の講師研修に5人の方が参加してくれます^^)

今からとってもワクワクです。

 

 

さて、そんなエイジレスバレエ・ストレッチの講師メンバーは、

毎月1回、全員集合でミーティングをしています。

昨日はそのミーティングの日でした。(^^)

講師メンバー

 

それぞれの担当クラスの報告は、講師同士の貴重な情報交換。

良いことも、気にかかることも、問題点も話して、

みんなで一緒に考えます。

 

因みに昨日はこんなこと。

☺ 80代の生徒さんが、歩くのに杖がいらなくなった!

『邪魔だから、杖持つのやめたよ~!』って言ってた!!嬉しい。(^▽^)

とか、

☺ 生徒さんに、もしかしたら認知症の初期症状かも?と感じた場面があった。ちょっと心配…。(>_<)

とか、

☺ 先月の振付けは、生徒さん達にちょっと難しかったみたいなんだけど、他のクラスはどうだった?(◎_◎;)

とか、

 

毎回いっぱい話が出ます。

 

そもそも「バレエ」で通じ合い、

更に、『バレエで健康づくり』を本気で実現しよう!という目標に向かってるから、

皆で一緒に取り組むと、

ちょっと恥ずかしいぐらい、全員キラキラ☆してます (^▽^;)

 

 

『バレエで健康づくり』の前例が世の中にないし、

確立されたプログラムがないから。

 

どの動きが良いかな?

どんな速さが良いかな?

どんな順番が良いかな?

どんな説明が分かりやすいのかな?

この動きはできるかな?

この振付けは喜んでくれるかな?

この曲はどうかな?

 

議論白熱です。

(とっても楽しい時間です(^^))

 

これからも、まだまだずーっと…。

こうしてブラッシュアップし続けていって、

『エイジレスバレエ・ストレッチ』は今後もどんどん良くなると思います。

(バレエの歴史は既に500年。エイジレスバレエ・ストレッチも、500年後も存在するプログラムにしたいね!と。そんな話もしてます!)

 

そして、講師達だけではなく、

生徒さん達に沢山教えてもらっていることを実感してます。

 

結局、講師メンバーは、生徒さん達を見て学んだり、発見したり。

生徒さん達に教えてもらった沢山のことを持ち寄るので、

『エイジレスバレエ・ストレッチ』は生徒さん達のおかげも大きい。

 

生徒さん達、講師メンバー、みんなで創り上げているレッスンです。

 

これまで世の中になかった『バレエで健康づくり』を、

だれかが創って完成!ではなくて、

ものすご~く沢山の人達が関わって、交流して、コミュニティーが生まれることによって創られていって、そして次の世代にバトンタッチしても、更に沢山の人達が関わってくれて、交流して、またそこにもコミュニティーが生まれて…そうしてずっと引き継がれていくと素敵だなぁ~と(*’▽’)、思います。

 

これからです、引き続き頑張ります! (^^)

あ、常に参加者募集中ですよ!!

講師メンバーも生徒メンバーも♡

 

どの曲にしよう?

どの曲にしようか?(相談中)

29才、なにげなくスタートしたバレエで得たもの

シューズ

29才、なにげなくスタートしたバレエで得たもの

Hello everyone!

エイジレスバレエ・ストレッチ協会のフジイハルコです^^

本日、とある「英語でビジネスプランのプレゼン審査」で、落選しました…(^。^;)

シンガポールへの切符を逃しました。

人生は思うようにならないことも沢山ありますね。

 

でも気を取り直し、突然ですが、今日からブログを始めます!^^

 

内容は、私がやっている『エイジレスバレエ・ストレッチ』、そして『バレエ』についてのあれこれになる予定です。

どうぞよろしくお願いします。^^

シューズ

「29才、なにげなくスタートしたバレエで得たもの」

 

思い起こせば、最初はなにげなく始まった私のバレエ歴です。

29才のとき。

 

なんばの大型商業施設の中に新しい文化教室ができて、

友人が、一緒に習い事しようよ~と誘ってくれました。

しかし、誘われた講座は「八極拳」!?

聞いたことない武道に誘われ…「ごめん、興味ない」と断り、

そのときに「バレエ」がやってみたいな~と気軽な気持ちで伝えました。

 

すると数か月後、「八極拳」をスタートした友人が、

「ハルちゃんが言ってたバレエ、始まるみたいだよ~。」

バレエの新規講座開講のチラシを持って来てくれました。

 

新規講座で文化教室なら大丈夫かも。とりあえず行ってみよう。

そんなスタートでした。

 

有難いことに、スタート時の生徒数2名。2人ともバレエ未経験。

マンツーマン指導に近い形でのスタートは、

先生の鋭い視線がビシビシと厳しかったけれど、

敷居の高いバレエをスタートするには、かなり恵まれた環境でした。

 

たった2人の生徒だから、「休んだら、友達が先生と1対1になってしまう」。

「嗚呼、休めない・・・。」

それもあって、レッスンにちゃんと行く。

そして気が付けば、1年が経ち。

 

1年後、すっかりバレエがお気に入りに。

 

その頃には、バレエ仲間も6~7人に増えていて、みんな良い人ばかりだし。

バレエの先生は、いつ見ても驚異的に美しいし、

クラシック音楽が流れるレッスンでは、不格好にしか踊れなくても気分はバレリーナ。

OL生活の潤いになっていました。

 

そして、

嬉しいことに気が付きます。

「あれ??痩せた!!」

 

バレエを始める前、

7年のOL生活で少しずつ少しずつ、

お腹、背中、お尻に厚みが増して、身体をまとっていたものが(―.―)、

気が付くとスッキリなくなっていました。

 

例の「八極拳」の友人も、

「ハルちゃん、痩せた!痩せた!」「ヤバかったのに、痩せた!」と、

すっごくストレートで微妙な褒め方で、褒めてくれました。^^

 

更に、嬉しいことに。

「ん?冷え症がマシになってる」

 

末端冷え症で、冬は靴下をはかないと寝れなかったし、

寝る前に、もう一度足だけ湯船に浸けて温めてから寝たりしてたのが、

気が付けば、そんなこと一切しなくなってました。

 

 

1年間、週に1回のレッスンをコツコツ続けることは、

確実に体を変化させていました。

 

29才からバレエをスタートして1年後、

私にとってのバレエは、

「痩せた!」

「冷え症が直った!」

「OL生活の潤い!」

「友達できた!」

などなど、良いことづくめ。

 

そうして、私のバレエ歴は続いていきます!!^V^

アーカイブ