menu

クラッシックバレエを取り入れた年配の方向けストレッチ

一般社団法人 日本エイジレスバレエ・ストレッチ協会について

日本エイジレスバレエ・ストレッチ協会、JABSは
「人生最後の日まで自分の足で歩く!」を目指し、
医師監修のもとにプログラムを開発し、レッスンを広めています。

ごあいさつ

人生最後の日まで自分の足で歩く!
~健康寿命を一歩すすめたサクセスフルエイジングを目指します~

日本の高齢者の常識を変えたい・・・という思いから、このエイジレスバレエ・ストレッチを考案しました。
日本で誕生した中高齢者向けの健康な身体をつくる専用プログラムです。医師の監修を受け、クラシックバレエの素晴らしいメソッドと体幹トレーニングを、中高齢者向けにアレンジしたレッスン内容です。
40、50、60、70、80歳からスタートして一生涯続けられる、ゆるやかな動きのプログラムです。特に大切な「腹筋・背筋・お尻・太もも・ふくらはぎ」といった大きな筋肉の強化とともに、関節の可動域を広げていきます。
クラシック音楽とともに、呼吸法を取り入れ、ゆったりとした動きで、自分自身の体に向き合いセルフメンテナンスをしていく。

お一人おひとりの意識で変えられる身体(=人生)をスタートしていただきたいと願っています。

運動を全くしたことのない方でも簡単にスタートできて、しかも楽しみながら長く続けられるエイジレスバレエ・ストレッチを一人でも多くの方に知っていただき、体感、継続いただくことこそ、健康寿命の獲得、そして一歩進んだサクセスフル・エイジング※の実現だと考えます。

エイジレスバレエ・ストレッチを広めるため、一般社団法人日本エイジレスバレエ・ストレッチ協会では、認定講師育成、講演活動、啓発活動、レッスンプログラムの研究を継続して行って参ります。

また、認定講師資格研修も2017年より継続実施しております。
バレエご経験者の方で、エイジレスバレエ・ストレッチの講師にご興味のある方はぜひお問合せください。

また、企業様、団体様、個人様で当団体の活動にご興味を持っていただけます方、応援をいただけます方も、どうぞご連絡ください。心よりお待ちしております。

代表理事 田仲 智子

お問合せ


監修医師

エイジレスバレエ・ストレッチは医師の監修を受けたプログラムです。
40、50、60、70、80代~一生涯の健康寿命を伸ばすことを目的としています。

監修医師

宗像 靖彦先生

医療法人 総志会
宗像靖彦クリニック
理事長 宗像靖彦先生

「超高齢化」と「超少子化」
日本の医療は破綻寸前です。
自分の健康は自分で守ってゆかなければなりません。
「齢だからダメなんだ・・」は通用しません。
健康であることは年齢を問わず私たちに与えられた「義務」なのです。
皆さんも一般社団法人 日本エイジレスバレエ・ストレッチ協会の仲間になりませんか?
究極の「健康」を求める旅に出てみませんか?
私も一員として医師の立場から皆さんの「健康」を精一杯サポートしてまいります。

日本現代舞踊協会会員
エトワールバレエ館(仙台) 校医
医療法人 総志会 宗像靖彦クリニック ホームページ


理念

心地よいクラシック音楽にあわせてゆるやかに体を動かす「エイジレスバレエ・ストレッチ」は2013年から4年をかけて創り上げた、当団体オリジナルの健康づくりのための運動プログラムです。

医師の監修に基づき、クラシックバレエの持つ素晴らしいメソッドと体幹トレーニングを中高齢の方向けにより効率的・効果的に健康増進へ繋げるべく開発されたバレエ・ストレッチプログラムです。
自分の体と向き合いながら、楽しく・美しく・いつまでも健康に、人生を豊かに歩んでいただくためのレッスンです。


目的

健康寿命の延伸(「40、50、60、70、80代~一生涯」の健康づくり)

  • 健康維持の基本となる「まっすぐでバランスの良い美しい姿勢」と「全身の筋力をバランス良く身につける」ことで健康維持の基本を身に付ける。
  • 四肢の関節可動域および筋力の向上により、ロコモティブシンドロームの予防および改善を図る。
  • 全身のバランス感覚を養い、体幹と重心の意識ができるようになり、全身の動きについて自己コントロール可能範囲を広げる。
  • 全身運動としてのクラシックバレエ(四肢のROM伸展、筋力増強および巧緻性改善作用)に着目し、その基礎トレーニングを「楽しく、美しい」一生涯続けられる健康増進プログラムとして提供する。
  • 「人生最後の日まで自分の足で歩く」ことを目指します。

サクセスフル・エイジングの実現

健康的な体作りと共に、「自分の健康は自分で責任を持つ」という生きることに対する自己責任意識を高め、人生最後の日まで自分の足で歩き、イキイキと人生を全うする「サクセスフル・エイジング」な人生の実現を目指します。

Successful Aging
(サクセスフル・エイジング)

サクセスフル・エイジングとは、直訳すると「幸せな老後」と訳されますが、単に偶然幸せになったという意味ではなく、成功裏に老いるという加齢のプロセスについての意味が含まれます。

「病気、ケガを避ける」「高い精神的・身体的機能の維持(=自立して生活ができる)」「人生における熱心な活動(=夢や希望がある)」の3要素が備わっている(=自助努力で備えること)が サクセスフル・エイジングに繋がると考えられています。

(「サクセスフル・エイジング」はアメリカのマッカーサー財団により実証研究が行われ、健康的で活動的で生産的な高齢者を調査した結果、その要素が見出されました。)


特徴

レッスン風景

生徒さんの声

医師の監修に基づき、クラシックバレエの持つ素晴らしいメソッドと体幹トレーニングを中高齢の方向けにより効率的・効果的に健康増進へ繋げるべく開発されたバレエ・ストレッチプログラムです。
その特徴は3つ、「姿勢(筋力強化)」「呼吸法を用いた ゆるめるストレッチ」「継続性」です。


姿勢(筋力強化)

老化のスタートは、年齢と共に姿勢が悪くなっていくことから始まると考えます。

従って、レッスンでは、まず姿勢。まっすぐでバランスのよい美しい姿勢を知っていただき、その姿勢をキープしていただける筋力を強化していきます。

中高齢になると、長年の家事や仕事などで知らず知らずのうちに、背中が丸くなる傾向にあります。また、加齢により背筋・腹筋等が弱くなることでも背中は丸くなり、無意識でその丸い姿勢が楽になってしまいます。

しかしながら、背中が丸い姿勢は、血流が悪くなり、肩こりを起こします。背中が丸いことで内蔵も下に落ちていきます。その結果、胃腸を圧迫し消化力が低下し、お腹のまわりに浮き輪のような脂肪が溜まりやすくなります。骨盤底筋群に圧力もかかり、頻尿・尿漏れも起きやすくなります。

さらに肺も圧迫され、肺いっぱいの空気を吸い込むことが難しくなり、血液が運べる酸素の量が減り、体内循環が悪くなっていきます。

つまり「悪い姿勢」は体の老化を進める大きな要因といえます。

しかし、簡単に「良い姿勢」を身に付けると言っても、自己流では難しいものです。

なぜなら、そもそも「まっすぐでバランスのよい美しい姿勢」がどのようなポジションなのかが自己流では分からないからです。それまでにない感覚を身に付けるには、良い指導者に習い、必要な感覚を養い、足りない筋肉と柔軟性を強化する必要があるからです。また「姿勢」は一種のクセであり、矯正には繰り返し繰り返し体で覚える必要があり、そのためには一定の時間が必要です。(更に、丸くなってから長期間経過している場合には、骨や筋肉がかなり固くなっていて、より一層時間をかけて治していく必要があります)

「エイジレスバレエ・ストレッチ」レッスンでは、当団体が規定する水準のクラシックバレエスキルを持ち、且つ正しく健康的な姿勢と中高齢者の体に関する専門知識を習得した講師が指導をすることで、効率的に「まっすぐでバランスのよい美しい姿勢」を身に付けていただくことができます。

週1回のレッスンを約3カ月間継続すると、レッスン時におおよそ「まっすぐでバランスのよい美しい姿勢」が作れるようになってきます。

約半年後には、日常生活の中でも意識をすると一人で姿勢が作れるようになります。

そうして多くの方は、約1年すると、正しい姿勢の感覚と基本的な筋肉(腹筋・背筋・お尻・太腿の大きな筋肉)が備わり、日常的に姿勢が変わってきます

そうなると、肩こりや膝痛が軽減し、階段の上り下りや買い物などの日常動作が楽になっていきます。

そして更に次の段階には、全身のバランス感覚が生まれてきます。大きな筋肉をコントロールできるようになった後は、体の小さな筋肉や細かな関節の可動まで意識ができるようになります。体に軸が感じられるようになり(体幹)、全身の動きを自分でコントロールできるようになっていきます。クラシックバレエのメソッドは全身の繋がりを感じながら行うという大きな特徴があり、それは足、腕、腹筋…などと分けて行う部分的な筋力トレーニングとの大きな違いです。

呼吸法を用いた ゆるめるストレッチ

健康的な体には、「正しい姿勢」と「筋肉」が必要ですが、その筋肉において「疲れを溜めないこと」「伸縮性があること」も重要だと考えます。

赤ちゃんは柔軟で柔らかいですが、大人は無意識のうちに全身に力が入っていて、それが疲れの原因になっていることが多くあります。

「エイジレスバレエ・ストレッチ」レッスンでは、呼吸法を用いて「吸って、吐いて」と声をかけながら、心地よいクラシック音楽にあわせて、ゆるやかに、伸びやかに、リラックスしながら筋肉をゆるめるストレッチをすることで、少しずつしなやかな体を創っていきます。

繰り返し繰り返し行うことにより、自分で筋肉をゆるめる感覚を体で覚え、全身のコントロールが上手にできるようになっていきます。

「ゆるめ、癒し、楽になる」ストレッチで、疲れが溜まりにくく、柔軟で伸縮性がある筋肉を身に付けていくことが出来ます。

継続性

エイジレスバレエ・ストレッチは、クラス制で実施する仲間とのコミュニケーションのあるレッスンです。

健康のためにする運動はいわば「身体のメンテナンス」であり、一生涯に亘り「継続」実施し続ける必要があります。

とは言え、一生涯に亘り「継続」実施し続けることはなかなか難しいことです。それを可能にするには、「楽しいからずっと続けたい」と感じる要素が不可欠と考えます。

レッスンに「仲間がいること」「互いに気づかい合えること」は、共に楽しみ、共に努力し、共に健康になり、共に喜び合えることであり、「継続」の秘訣と考えます。

レッスン講師も含めた仲間とのコミュニケーションがあり、笑顔と思いやりのあふれる「クラス制で実施するレッスン」はエイジレスバレエ・ストレッチの特徴です。


レッスンプログラム

適切に休憩と水分補給を行いながら無理のないレッスンを実施します。

呼吸法を用いた ストレッチ(約25分)

  • 立った姿勢で、バーを使いながら行うストレッチ。
  • 「吸って、吐いて」と声をかけながら、心地よいクラシック音楽にあわせて、ゆるやかに、伸びやかにリラックスしながらストレッチをすることで、少しずつしなやかな体を創っていきます。

姿勢(筋力強化)(約20分)

  • 両手でバーを使いながら「真っ直ぐな姿勢」を維持しながらゆっくりと動きます。
  • ゆっくりの速度で、バレエの基本的な動き(プリエ、タンジュ等の動き)を行い、腹筋・背筋・お尻・太もも・ふくらはぎ等、全身にバランスの良い筋肉をつけていきます。
  • 左右の体のズレ(バランスの偏り)も解消していきます。

センター(約15分)

  • バーレッスンで培った姿勢の維持をしつつ、バーがない状態で音楽に合わせて簡単なステップを踏みます。
  • バーがない状態での姿勢の維持と体重移動が筋力とバランス感覚を養います。
  • 楽しんで踊っていただくのも心を豊かにする大切な要素です。

なぜ「バレエ」が効果的なのか?

「バレエ」がロコモ予防の手段として優れていることは、米国整形外科学会(AAOS)において発表されております。

米国整形外科プロスポーツ医学専門家Nicholas DiNubile氏発表

「バレエで行われるドゥミ・プリエ(踵を床に付けたまま膝を曲げる)や、ルルべ(つま先立ち)のようなコントロールされた動きは、膝、足首、足を強化する。アラベスク(片足を後ろに上げる)は殿部や体幹の筋肉を鍛え、ジャンプは敏捷性を養うにの効果がある」。

2016年10月27日 米国整形外科学会(AAOS)発表

『バレエによる骨と関節への恩恵』

  • 年齢と共に失われた関節動作や機能を回復させ関節の可動性を改善する。
  • ダンスの動きが筋力の強度と制御の両方を向上させ、どのスポーツにも欠かせないバランスと協調性を高める上、バレエでの体重利用は有効な筋力トレーニングになる。
  • バレエダンサーは体幹がしっかりしているが、強力な体幹は背部痛の軽減や肩、膝、下肢の怪我予防には重要。日常的なストレッチが慢性腰痛を軽減し、四頭筋のストレッチが膝の痛みを軽減するとの研究報告もある。
  • バレエダンサーは球技選手より前十字靭帯の損傷がかなり少ないとの研究報告もある。その要因として下肢の調整、ジャンプとバランス技術を完璧に仕上げるようトレーニングしていることが考えられている。
  • バレエは可動性や体力強化、体幹、敏捷性トレーニングなど効果的でバランスの取れた運動要素が盛り込まれている。不均衡さを修正して怪我防止の一助になる。

協会概要

協会名 一般社団法人 日本エイジレスバレエ・ストレッチ協会
英文協会名 General incorporated association Japan Ageless Ballet Stretch
創立日 2016年10月3日
 理事長 田仲 智子
事業目的/事業概要 エイジレスバレエ・ストレッチの健全な振興・発展
所在地  〒530-0041 大阪府大阪市北区天神橋1-14-14 [MAP]

主な活動

  • レッスンプログラム研究・開発
  • 認定講師育成
  • 啓発活動
  • 会員取り纏め
  • 委託先管理

事業所(アクセス)

住所 〒530-0041 大阪府大阪市北区天神橋1-14-14
TEL 06-7502-9785
Mail info@j-abs.jp
交通 大阪市営地下鉄 谷町線・堺筋線「南森町駅」4番出口
JR東西線「大阪天満宮駅」3番出口より
天神橋2丁目商店街を南へ徒歩5分。
商店街アーケードの端(交差点)を左折、
2筋先交差点(右手にユニフォーム「ハトヤ」様の看板)を右折、すぐ。
(「段野昆布」の看板がかかっている建物1階です。)

 


沿革

2014年 4月 大阪府堺市、特別養護老人ホーム「故郷の家」レッスンスタート
7月・11月 アメリカ メリーランド州「The Village at Rockville」、ペンシルバニア州「Quarryville Presbyterian Retirement Community」「Ashby Ponds Retirement Community」にてエイジレスバレエ体験レッスンを実施し、好評を得る。
2015年 6月 大阪市健康局 認定団体「すこやかパートナー」登録
6月~8月 アメリカ 「The Ashby Ponds retirement community」「Riderwood」「Japanese Christian Community Center」にてエイジレスバレエ体験レッスンを実施、言葉の壁を乗り越えて共感いただける。
8月 医療法人総志会「宗像靖彦クリニック」理事長 宗像靖彦医師に「エイジレスバレエ」の監修をいただき、新たに「エイジレスバレエ・ストレッチ」として完成。中高齢者専用ロコモ対策プログラムとしてリリース。
11月 大阪天満宮クラス開校
2016年 3月 みなと晴ればれクラス開校(きづがわ医療福祉生活協同組合との共同事業)
堺市、赤坂台クラス開校(堺市にて2拠点目)
豊泉家グループ(社会福祉法人 福祥福祉会)の豊中市桃山台施設内レッスン開校(要支援・要介護者向けレッスン)
6月 大阪市立長居植物園様と共同事業としてのレッスン開校(長居植物園クラス)
8月 大阪きづがわ医療福祉生協様との共同事業レッスン(みなと晴ればれクラス)を
大阪市立八幡屋公園様との3社共同事業へ組織変更。(八幡屋クラス)
8月 スポルテック2016(東京ビッグサイト)にて講演を実施

【タイトル】人生最後の日まで歩ける体づくり
日本初「エイジレスバレエ・ストレッチ」の威力と実話
~なぜ中高齢者にバレエなのか?~

9月~10月  大阪市立八幡屋公園様、大阪きづがわ医療福祉生活協同組合様、共同主催の講演を2回実施

【タイトル】50代からの健康づくり
~ロコモってなあに?エイジレスバレエ・ストレッチってなあに?~

10月 一般社団法人 日本エイジレスバレエ・ストレッチ協会 設立
10月 大阪きづがわ医療福祉生協様との共同事業レッスン2拠点目スタート(大正はればれクラス)
12月 2016年の一年間で、2拠点20名の生徒が7拠点102名になる
2017年 4月 エイジレスバレエ・ストレッチ認定講師制度スタート
4月 西区民センタークラス・弁天町クラス スタート!
6月 長岡京クラススタート
11月 京都テレビ(KBS)「おやかまっさん」で取り上げられる
2018年 1月~2月 3つのビジネスプランコンテストに事業プランが入賞(SAY合同会社として発表)

・経済産業省主催:「LED関西」(1月24日)
・大阪府主催:「スタートアップ」(1月22日)
・大阪市主催:「IAGベンチャーサポート発表会」(2月1日)

3月 当団体主催の、「バレエで健康づくり」を実践する発表会イベントに250名を動員
4月 堺故郷の家クラスと赤坂台クラスを合併し、庭代台クラススタート
5月 企業内(健康経営)クラスとして中西金属工業株式会社でレッスンをスタート
7月 枚方クラス・守口グラス・東心斎橋クラス スタート